×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイミングベルトとは

タイミングというのは巻きかけ電動機構に使われる機械の一部分で、タイミングベルトは平ベルトのプーリの部分と噛みあうようになっているところに、凸型の歯をつけたものを言います。タイミングベルトは対応する歯を持っているタイミングプーリと一緒に使われるのが一般的で、タイミングベルトはTベルトやタイベルと言う名前で略された言われることもあります。タイミングベルトとタイミングプーリは並行している2軸の間で回転を伝達するのが目的で使われます。タイミングベルトとタイミングプーリ煮付けられた歯形をかみ合わせると摩擦によって伝動する平ベルトやVベルトとは違って、スリップするということもなくなって回転を伝達することが可能になります。タイミングベルトの材質は合成ゴムやポリウレタンといった材質で作られているのが一般的です。タイミングベルトは工場の機械や印刷機、プリンターや自動車のエンジンなど色々なところで使われています。

自動車のタイミングベルトの特徴

自動車のタイミングベルトの特徴について紹介したいと思います。自動車のタイミングベルトの長所というのは、今までのタイミングチェーンとタイミングベルトを比べるとピッチ設定を自由に行うことが出来ることが特徴です。そして今までのタイミングチェーンに比べるとタイミングベルトは軽くて音も静粛なのも特徴です。タイミングベルトの欠点というのは、指定した距離を走った場合には定期的に交換しなければいけません。だいたい10年、10万キロ走った場合にタイミングベルトの交換をすることになっています。また、タイミングベルトは定期点検を行っていても、突然切断することがあり、その場合にはエンジンにかかるダメージは大変大きくなるといわれています。タイミングベルトにはいい特徴も欠点もありますが近年ではタイミングベルトのピッチが小さくて静粛性も高いチェーンというのが研究によって開発されて使われているので、絶対に耐久性があると言い切れないタイミングベルトを使うことは少なくなったようです。

タイミングベルトの交換

タイミングベルトの交換についてですがタイミングベルトを交換するときには整備技術レベルがある程度必要になってきて、そのレベルは中級程度だといわれています。一般の自動車に乗っている人は、タイミングベルトの交換は自分で行わずに自動車修理工場やディーラーに頼んでたタイミングベルトの交換を行うことが一般的です。タイミングベルトの交換を行う作業はタイミングベルトの交換をする場所が必要になってくるのでそれ以外の補機類を外して行います。タイミングベルトの交換手順としては、エンジンカバーをはずしてからテンショナーを取って、そしてタイミングベルトを交換する手順になっていますが、このときには冷却水を循環させるためのウォーターポンプも一緒に交換しなくてはいけません。このウォーターポンプの交換を怠るとタイミングベルトに必要のない張力を欠けてしまうことがあるのでタイミングベルトの交換と一緒に交換することが一般的です。

Copyright © 2008 タイミングベルトを手に入れました!!